福祉関係団体

ホーム » 福祉関係団体 » 三重県難聴・中途失聴者協会

三重県難聴・中途失聴者協会

団体の名称 三重県難聴・中途失聴者協会
事務局所在地 〒514−1118 津市久居新町1061−14(櫻井誠人 方)
代表者名 会長 田代慶藏
電話番号
FAX番号 事務局長 櫻井 059−253−8761
会の概要 E-メール
アドレス
mie_nanntyou@yahoo.co.jp
ホームページ
アドレス
 
対 象 難聴・中途失聴者
会 員 正会員47名 賛助会員38名
会 費 正会員 年6,000円 賛助会員 年3,000円
認可年月日 平成9年6月1日
構 成 社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会に加入している県単位の団体である。会長以下役員11名と難聴・中途失聴者の正会員と健聴の賛助会員からなる。
機関誌・刊行物 三重難聴だより「一期一会」隔月発行
会の目的 難聴・中途失聴者の自立促進と福祉の推進を図ることにより、社会参加を推進し、暮らしよい社会環境への改善をめざしている。
活動内容
  • 隔月ごとの例会(補聴器や人工内耳の学習会、携帯電話の学習会、福祉の情報交換、そば打ち体験や美術館見学など)
  • 耳のシンボルマークや補聴援助装置の設置要望を通して、私たちの障がいについて正しく社会に理解を求めている。
  • 要約筆記奉仕員の養成に積極的に取り組んでいる。
団体のPR 私たちの障がいは、外から見えないので、一般の人にはなかなか理解していただけない面がある。また、難聴・中途失聴者同士が、出会ったりする機会が少なく、「聴こえの不自由さや困っていること」について、一人で悩むことが多いように思う。当協会では、お互いのコミュニケーションがスムーズにできるよう、パソコンやOHPを用いた文字通訳(要約筆記)や補聴援助装置を利用しながら、聴こえにくさを気にすることなく、楽しく明るい会話をできる場を提供できるよう取り組んでいる。

このページの先頭へ