推進センター団体

ホーム » 推進センター団体 » 三重県障害者団体連合会

三重県障害者団体連合会【障害者は市町障害者団体へ申込】

団体の名称 公益社団法人 三重県障害者団体連合会
事務局所在地 〒514−0113 三重県津市一身田大古曽670−2
代表者名 会長 世古 佳清(せこ よしずみ)
電話番号 事務局 059−232−6803
FAX番号 事務局 059−231−7182
会の概要 E-メール
アドレス
suishin.c@mie-kensinren.or.jp
ホーム
ページ
 アドレス
http://www.mie-kensinren.or.jp
対 象 市町を単位とする障害者団体を正会員、他に賛助会員
会 員 正会員29団体 賛助会員若干名(平成28年4月1日)
会費 身障手帳保持者数 × 80% × 80円
設立
年月日
設立 昭和28年4月1日 法人設立 昭和54年9月10日
公益社団法人移行 平成24年4月1日
構 成 役員は 会長1名 副会長1名 常務理事4名 理事5名 計11名
会議は 常務理事会 理事会 総会
部会は スポーツ振興部会 自動車部会 青年部会
機関誌・ 刊行物 広報「ふれあい」年2回発行(7月・1月)
会の目的  三重県に居住する障害者の尊厳を保持しつつ、障害者が住み慣れた地域において自立した生活が営むことができるよう支援するとともに、障害の有無にかかわらず地域で明るく暮らすことのできるノーマライゼーションの理念が浸透する社会の実現に寄与する。
活動内容  三重県障害者団体連合会は、県内に居住している障害者が、地域社会に参加して共に生きる「ノーマライゼーション」の理念のもとに、明るいくらしが展開できるよう、各種事業を展開している。
  1. 組織強化事業
     障害者が社会参加し、自立自助への活動を高めるため情報の提供や交流に努めている。
    • 三重県身体障害者福祉大会の開催
       県内各地より障害者の代表が参加し自立更生、団体育成、介護功労、奉仕活動功労の顕彰、大会宣言、大会決議を行い、障害者の自立と社会参加推進等を目指して開催している。
    • 全国身体障害者福祉大会へ参加する。
    • 日身連中部ブロック代表者会議へ参加し、国に対する要望事項の提案と検討
    • 機関誌「ふれあい」発行(年2回)
       障害者福祉の新しい施策や身体障害、知的障害、精神障害などの活動状況について 情報提供する。また、声のテープも発行している。
    • 市町の福祉施策の実態調査
  2.  相談事業

    当事者の支援と当事者相談員の資質向上に努めている。

    • 結婚相談の開催
       未婚の障がい者に出会いの場(交流会)を提供し、結婚に関する様々な相談に対応
    • 相談員への情報提供や研修会を開催し、相談活動の充実と相談員間の連携を図る。
    • 日身連中部ブロック身体障害者相談員研修会への参加
  3.  スポーツ文化の振興
      スポーツ等を通して障がい者の体力増強、社会参加への意欲向上と交流を図っている。
    • 三重県障がい者スポーツ・レクリエーション大会及び全国障害者スポーツ大会へ協力
      県身体障がい者カローリング教室開催
      県身体障がい者グラウンドゴルフ教室開催
      県身体障がい者ボウリング教室開催
      県身体障がい者ゲートボール教室開催
      県身体障がい者地域レクリエーション教室開催
  4.  交通安全研修
      障害者の移動能力向上のため自動車の果たす役割は大きく、安全運転技術向上のため関係機関団体等の協力を得て実施する。
    • 障害者自動車安全運転競技会開催
    • 障害者交通安全啓発運動の実施
  5.  青年活性化対策
      自立更正して社会で活躍している障がい者の体験発表や地域ボランティアとの交流会を開催し、自立生活の確立、地域社会活動への積極的な参加を図る。
  6.  三重県ガイドセンター設置と運営
      重度の視覚障害者及び全身性障害者が、社会生活上必要な外出をするとき、他県または県内市町及び三重ガイドヘルパー連絡協議会と連携してガイドヘルパーを紹介する。     また、スキルアップ研修と意見交換等情報提供を行う。
  7.  盲ろう者生活訓練等促進事業
      盲ろう者が外出支援や日常生活訓練等が受けやすくなるように、歩行訓練やコミュニケーション訓練の実施
  8. 身体障害者補助犬育成事業
      身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬及び聴導犬)を使用することにより、社会参加が見込まれるものに対し、その育成に要する費用を助成する。
  9. 障がい者芸術文化祭の開催
      障がい者の能力発揮と地域社会での活動を促進するため、県内で芸術文化活動に取り組む障がい者の芸術文化活動を支援する。
  10. その他
    • 日身連事業部(各世帯及び企業への物品カタログ販売)へ協力
    • ジパング倶楽部(障害者の特急券などの割引会員制度)へ協力
    • 障害者による書道・写真全国コンテストへの協力
団体のPR  戦後、三重県傷痍軍人会が中心となり全ての障害者団体に呼びかけ、昭和28年4月1日、三重県身体障害者福祉団体連合会を設立した。昭和54年9月10日、障害者福祉の向上と県民の理解の深まりに合わせ、社団法人三重県身体障害者福祉連合会として、県下に居住する25,000人の障害者を結集し、三重県社会福祉会館内の一室で活動を開始した。昭和60年4月、三重県身体障害者総合福祉センターの開設と同時に現在地に移転し、身体障害者手帳所持者の地域組織連合体として成長を遂げた。
 平成3年度、三重県身体障害者社会参加促進センターの運営及び各種事業を県から受託し、平成10年度からは、身体障害、知的障害及び精神障害の三障害共通の三重県障害者社会参加推進センターと改め、「障害者の明るいくらし促進事業」を推進してきた。
 平成24年4月1日、公益社団法人三重県障害者団体連合会として新たに活動をスタートさせた。県内全ての障害者の福祉増進と社会参加推進など障害者の有無にかかわらず地域で明るく暮らすことのできる社会の実現を目指し、公益性の高い事業を推進している。

このページの先頭へ